コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸乱記 しらんき

世界大百科事典 第2版の解説

しらんき【糸乱記】

1685年(貞享2)糸割符の復活に際して糸割符仲間の紛争が生じ,町人身分で堺町奉行や幕府の三奉行および老中に訴え,主張を通した,当時としては珍しい事件の記録。7巻。筆者は堺の町人高石屋通喬(長七郎,真句)で,江戸初期の堺の頭人で糸割符年寄をした高石屋宗岸の子孫。1719‐20年(享保4‐5)の執筆になる。今日原本は不明で,現存する写本相互に明確な類似点がない。近世の都市町人の幕府権力に対する抵抗の記録として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

糸乱記の関連キーワードケンチャールズ八橋検校定高貿易法チャールズゲオルグ教会逢春門院スチュアート朝野ざらし紀行白隠慧鶴禅師