糸乱記(読み)しらんき

世界大百科事典 第2版の解説

しらんき【糸乱記】

1685年(貞享2)糸割符の復活に際して,糸割符仲間紛争が生じ,町人身分で町奉行や幕府の三奉行および老中に訴え,主張を通した,当時としては珍しい事件の記録。7巻。筆者は堺の町人高石屋通喬(長七郎,真句)で,江戸初期の堺の頭人で糸割符年寄をした高石屋宗岸の子孫。1719‐20年(享保4‐5)の執筆になる。今日原本は不明で,現存する写本相互に明確な類似点がない。近世の都市町人の幕府権力に対する抵抗の記録として注目される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android