コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸割符 いとわっぷ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸割符
いとわっぷ

正式には白糸 (上質の生糸) 割符商法という。江戸時代,幕府から特許を得た都市商人によって組織された中国産生糸の一括輸入機構。ポルトガル人はパンカド pancadoと呼んだ。 16世紀後半,日本では中国産の生糸をポルトガル商人の手を経て輸入していた。当時生糸の需要が多かったから,それによる利益は自然ポルトガル商人に集った。 17世紀になると,イギリスオランダスペインの各国も日本との貿易を始め,また日本商人も東南アジア各地へ出かけて貿易を始めた。ポルトガルについては江戸幕府は慶長9 (1604) 年,日本貿易商人の要請から,堺,長崎,京都などの大商人を年寄に任命して仲間を結成させ,生糸を積んだポルトガル船が入港すると,まずその購入価格を彼らに決定させ,それを京都,長崎へは各 100,堺へは 120の割合で分配して,国内に販売するという制度を設けた。寛永8 (31) 年には江戸,大坂の商人がそれぞれ 50,30の割,のち 100,50の割で加わり,五ヵ所商人と呼ばれた。イギリス,スペインはまもなく日本を去ったが,同 12年には,中国船,オランダ船にもこの制度が適用され,同 18年には,生糸輸入価格はすべてこの仲間によって統制された。幕府はこの制度により,購買競争の排除,生糸輸入価格高騰の抑制を行い,国内価格を操作して価格差利潤を得ようとした。長崎奉行に外国船の積荷の検査や,商品の価格決定の監督などを行わせたことにその一端がうかがえる。しかしこの一括購入制は,価格をめぐる利害の対立から幕府の行なった明暦1 (55) 年の糸割符仲間の解散によって消滅した。貞享2 (85) 年,輸入総量の枠を定めて再び復活されたが,国産生糸の増加によって輸入生糸の需要が低下したため,この制度も形骸化して幕末にいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いと‐わっぷ【糸割符】

江戸時代、生糸を輸入する特定の商人に与えた特権。また、この権利を示す証札。慶長9年(1604)堺・京都・長崎、のちに江戸・大坂を加えて5か所の商人に与えられた。白糸割符

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

糸割符【いとわっぷ】

白糸割符とも。1604年以来行われた中国産生糸(白糸)の一括輸入方式。初めは京都・堺・長崎,のち江戸・大坂を加えた5ヵ所の特定商人が作る糸割符仲間に生糸を一括購入させ,それを個々の商人に分配させた。
→関連項目大坂町奉行五ヵ所商人茶屋四郎次郎長崎会所長崎貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとわっぷ【糸割符】

白糸割符ともいう。江戸幕府によって輸入白糸(しろいと)(中国産の生糸)を統制した貿易仕法。それまでポルトガル船が日本貿易を独占し(南蛮貿易),多額の日本銀が流出していたが,徳川家康が将軍となって幕府を開くや,直ちに主要輸入品である白糸貿易の統制に乗りだし,1604年(慶長9)堺,京都,長崎の3都市の頭人クラスの町人を糸割符年寄に任命した。この年寄を中心に富裕な町人層が仲間を組織し(三ヵ所糸割符仲間という),白糸値段について糸割符年寄を中心にポルトガル商人と協議して決定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いとわっぷ【糸割符】

江戸初期に確立した中国産生糸(白糸)輸入の方式。ポルトガルなど外国船の貿易利益独占を排するため、1604年堺など三か所(のち五か所)の特定商人に輸入生糸購入の特権を与え、それを各商人に分配するもの。白糸しらいと割符。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸割符
いとわっぷ

江戸時代の中国産糸を主とする生糸の輸入制度。詳しくは白糸(しらいと)割符商法という。輸入白糸(生糸)を、幕府の指名業者である糸割符仲間が、年1回、その代表者(糸年寄)と外国商人との折衝で決められた固定価格で一括購入し、これを仲間内や幕府指定の特許商人に分売した。当時の外国人がパンカドpancado(ポルトガル語)またはパンカダpancada(スペイン語)とよんだものは、広くマニラなどでもみられた一括取引の意味で、糸割符制そのものではない。
 糸割符制創設のいきさつ、目的、取引実態については、なお不明な点が多い。その起源として、1604年(慶長9)徳川家康が奉書を下して、当時輸入価額の主要部分を占めたポルトガル船舶載の白糸について、堺(さかい)、京、長崎の有力町人を糸年寄に定め、彼らの折衝による糸価決定まで、諸商人の長崎立入りを禁じたことがあげられる。しかし、それは単にポルトガルなど外国船の利益独占を排除することを目的とした貿易政策にすぎないのか、イエズス会をはじめとする教会勢力の抑制策であったか否かなど諸説があり、定説をみない。しかし鎖国形成の一環として、1631年(寛永8)江戸、大坂を加えた5か所の商人を糸割符仲間とし、また糸の配分を呉服師や博多(はかた)などの近国城下町にも広げるため、唐船にも制度を適用し、鎖国を機にオランダ船にも拡大した。しかし数百人の糸割符仲間の特権に対する、新興商人や鄭成功(ていせいこう)など売り手側の抵抗で、1655年(明暦1)にいったん廃止され、市法売買となった。1685年(貞享2)に復活され、幕末まで続いたが、18世紀に入ると国産の和糸が増加して生糸の輸入は衰退し、後期には名目だけのものとなった。[中村 質]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の糸割符の言及

【糸割符由緒書】より

…江戸時代,幕府より生糸貿易の特権を与えられた糸割符仲間が,随時幕府や関係機関の求めに応じて,糸割符の成立事情,幕府に対する貢献や幕府より与えられた諸特権,糸割符制度の変遷などについて報告したもの。糸割符制度の成立や内容を知る貴重な史料であるが,生糸貿易について見ると,糸割符仲間との関係や徳川家康以来の諸特権が強調され,それを維持しようとする主張が露骨で,その他の生糸貿易にはほとんどふれていない。…

【鎖国】より

朱印船制度にもとづく東南アジア諸地域との相互交通の推進は,日本を中心とした公的通交秩序の形成を意図したものといえる。ポルトガルの長崎貿易に対しては京都,堺,長崎3ヵ所商人を主体とする糸割符制度を施行して生糸貿易の統制をはかるとともに,イスパニアに対しては江戸近辺への来航を促し,通商を求めた。一方,オランダ,イギリスに対しては軍需品貿易を通じ関係を強め,徳川政権確立への戦略的布石とした。…

【糸乱記】より

…1685年(貞享2)糸割符の復活に際して,糸割符仲間の紛争が生じ,町人身分で堺町奉行や幕府の三奉行および老中に訴え,主張を通した,当時としては珍しい事件の記録。7巻。…

【白糸】より

…これに対し国産の生糸を和糸と呼んで区別した。白糸はポルトガルの植民地マカオ周辺の中国の広東市場からポルトガル人が購入し,日本に輸出することで,約5割から10割の利益があがったが,1604年(慶長9)白糸に対し糸割符(いとわつぷ)制度を設けて,その利益を抑制する政策がとられた。なお輸入白糸以外に粗悪な生糸として,南方諸地域の黄糸,下糸などがあり,また弁柄糸(ベンガル糸)などもあったが,85年(貞享2)以降これらの生糸も糸割符制下に従属した。…

【淀屋个庵】より

…淀屋の始祖で中之島の開拓で知られる与三郎常安の長子で,个庵もまた1622年(元和8)鳥羽屋彦七と連名で津村の葭島の新地開発を出願し,塩干魚・干鰯(ほしか)(魚肥)商の集居する靱(うつぼ)3町(新靱,新天満,海部堀川町)の発展の素地をつくった。また大坂の総年寄として31年(寛永8)従来,堺,京都,長崎に限定されていた糸割符(中国産生糸の輸入商グループ)の特権を大坂町人のために奔走して実現させた。さらに町人蔵元として諸藩の大坂廻米の販売を大規模に引き受け,そのため北浜の淀屋の店頭には米商人が群集して米市が立つようになったという。…

※「糸割符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報