糸回し(読み)いとまわし

世界大百科事典 第2版の解説

いとまわし【糸回し】

三味線の特殊な合奏法。特に京・大坂の地歌(じうた)の検校法師たちが行った娯楽的,遊戯的演奏法。各人が三味線の各をそれぞれ受け持ち,担当の絃だけを弾いて他の絃は他の人に回す方法で,各絃を1人または数人で受け持った。19世紀初頭から地歌手事(てごと)物が器楽的発達を遂げ,種々の合奏法が盛んになったとき,法師たちの娯楽として誕生し,明治の中ごろまでは盛んであったが,現在はほとんど行われない。【三谷 陽子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android