コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸球体嚢 しきゅうたいのうglomerular capsule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸球体嚢
しきゅうたいのう
glomerular capsule

ボーマン嚢ともいい,糸球体とともに腎小体を構成する。毛細血管網から成る糸球体を外側から包み,毛細血管からろ過される尿を集めて尿細管へ送る。尿細管の続きである外壁と糸球体を包むために陥没した内壁から成り,内壁は糸球体毛細管壁の内皮細胞層と,結合組織性の基底膜とともに3層のろ過膜を形成している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しきゅうたい‐のう〔シキウタイナウ〕【糸球体×嚢】

糸球体を包む、二重になっている袋状のもの。ボーマン嚢

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

糸球体嚢の関連キーワードボーマン腎臓排出原尿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android