コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀少鹿女郎 きの おしかのいらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀少鹿女郎 きの-おしかのいらつめ

?-? 奈良時代の歌人。
紀鹿人(しかひと)の娘。安貴王(あきのおおきみ)の妻。遊戯的な贈歌にたくみで,大伴家持(おおともの-やかもち)とたびたび歌をかわした。天平(てんぴょう)(729-749)のころの代表的な女流歌人のひとりにかぞえられ,「万葉集」に12首収録されている。紀小鹿,紀女郎ともいう。
【格言など】神さぶと不欲(いな)ぶにはあらねはたやはた斯(か)くして後に不楽(さぶ)しけむかも(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀少鹿女郎の関連キーワード安貴王紀鹿人紀女郎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android