コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀少鹿女郎 きの おしかのいらつめ

1件 の用語解説(紀少鹿女郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀少鹿女郎 きの-おしかのいらつめ

?-? 奈良時代の歌人。
紀鹿人(しかひと)の娘。安貴王(あきのおおきみ)の妻。遊戯的な贈歌にたくみで,大伴家持(おおともの-やかもち)とたびたび歌をかわした。天平(てんぴょう)(729-749)のころの代表的な女流歌人のひとりにかぞえられ,「万葉集」に12首収録されている。紀小鹿,紀女郎ともいう。
【格言など】神さぶと不欲(いな)ぶにはあらねはたやはた斯(か)くして後に不楽(さぶ)しけむかも(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀少鹿女郎の関連キーワード石川郎女(4)伊保麻呂大宅女小鯛王鴨足人紀鹿人久米女王田口馬長三手代人名若桜部君足

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone