コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅花染 べにばなぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅花染
べにばなぞめ

草木染の一種。アルカリ性の溶液を用いてベニバナ (紅花) の色素を抽出,これに酸を加えて紅色に発色させ,布や紙を染める。鮮かな紅色であるが,熱に弱く退色しやすい。現在は東北地方の一部でしか行われていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅花染の関連情報