コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅花染 べにばなぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅花染
べにばなぞめ

草木染の一種。アルカリ性溶液を用いてベニバナ (紅花) 色素抽出,これに酸を加えて紅色に発色させ,布や紙を染める。鮮かな紅色であるが,熱に弱く退色しやすい。現在は東北地方の一部でしか行われていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

紅花染の関連キーワードベニバナ(紅花)置賜紬草木染紅絹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅花染の関連情報