コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅花染 べにばなぞめ

1件 の用語解説(紅花染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅花染
べにばなぞめ

草木染の一種。アルカリ性の溶液を用いてベニバナ (紅花) の色素を抽出,これに酸を加えて紅色に発色させ,布や紙を染める。鮮かな紅色であるが,熱に弱く退色しやすい。現在は東北地方の一部でしか行われていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅花染の関連キーワードアルカリマンガン乾電池アルカリ乾電池アルカリ性アルカリ性肥料草木染め・草木染青化法アルカリ度アルカリ性洗剤アルカリ性のアルカリ性マグマ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅花染の関連情報