紅花(読み)コウカ

デジタル大辞泉の解説

こう‐か〔‐クワ〕【紅花】

赤い色の花。
ベニバナの花を乾燥させたもの。漢方で、腹痛月経不順・浄血などに用いる。

べに‐ばな【紅花】

キク科の越年草。高さ約1メートル。葉は堅くてぎざぎざがあり、互生する。夏、アザミに似た頭状花が咲き、鮮黄色から赤色に変わる。花を乾かしたものを花(こうか)といい婦人薬とし、また口紅や染料の紅を作り、種子からは食用油をとる。エジプトの原産で、日本では山形が主産地。すえつむはな。くれのあい。べにのはな。サフラワー 夏》「手を戦(そよ)がせて―を摘む娘かな/憲吉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

こうか【紅花】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。キク科ベニバナ管状花(かんじょうか)を乾燥させたもの。血行促進、血圧降下、通経(つうけい)などの作用がある。月経痛月経不順に効く折衝飲(せっしょういん)月経困難更年期障害高血圧に効く通導散(つうどうさん)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうか【紅花】

紅色の花。
ベニバナ。また、その花を陰干しにしたもの。生薬や食紅とする。

べにばな【紅花】

キク科の越年草。エジプト原産。高さ約1メートル。葉は硬く、縁にとげがある。夏、枝上にアザミに似た黄赤色の頭花をつける。花びらを紅色の染料とし、また婦人病一般に薬用とする。種子からは良質の油(ベニバナ油)が得られる。紅べに。古名、末摘花すえつむはな・呉くれの藍。 〔「紅の花」は [季] 夏。《まゆはきを俤にして紅の花/芭蕉》〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の紅花の言及

【ベニバナ(紅花)】より

…とげが作業者の皮膚を刺すので,早朝まだ朝露のかわかないうちに花冠を摘む。これを陰干ししたものが生薬の紅花(こうか)で,漢方で婦人薬などに処方される。種子はやや堅い白色の殻に包まれ,ヒマワリの種子を小型にした形で,紅花油safflower oilを26~37%含む。…

※「紅花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅花の関連情報