コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅花油 べにばなゆ

1件 の用語解説(紅花油の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

紅花油【べにばなゆ】

ベニバナの種子から採る油。おもな脂肪酸としてリノール酸50〜80%を含んでおり,これが血液中のコレステロールの量を減少させ,美容や動脈硬化症の予防に効果があるとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

紅花油の関連キーワードリパーゼサフラワーサフラワーオイル長鎖脂肪酸カポック油カラシ油高度不飽和長鎖脂肪酸多価不飽和脂肪酸パセリ種子油ベニバナ油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅花油の関連情報