紅葉の錦(読み)モミジノニシキ

デジタル大辞泉の解説

もみじ‐の‐にしき〔もみぢ‐〕【紅葉の錦】

紅葉の美しさをに見立てていう語。
「水のあやに―重ねつつ河瀬に波の立たぬ日ぞなき」〈拾遺・秋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もみじのにしき【紅葉の錦】

一面に紅葉したもみじの美しさを錦に見たてていう語。 このたびは幣ぬさも取りあへず手向山-神のまにまに/古今 羇旅
錦繡きんしゆうの美しい衣装のたとえ。 -に裁ち替へて参り給へるは/狭衣 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もみじ【紅葉】 の 錦(にしき)

紅葉の美しさを錦に見立てていう語。《季・秋》
古今(905‐914)羇旅・四二〇「このたびはも取りあへず手向山紅葉の錦神のまにまに〈菅原道真〉」
② 紅葉の季節にあった美しい服のたとえ。
※拾遺(1005‐07頃か)秋・二一〇「あさまだき嵐の山のさむければ紅葉の錦きぬ人ぞなき〈藤原公任〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android