紙容器

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙容器
かみようき

純パルプ製の容器や食器などに、ワックスやプラスチックフィルム加工などを施し、水分が漏れないようにしたもの。食品衛生上有害物質が食品中に溶出しないよう、食品衛生法で材質への規制がなされている。軽くて耐水性がよいうえ、表面への印刷が自由にできるため、各種食品容器として幅広く用いられている。とくに牛乳、清涼飲料水、酒などを入れる液体容器としての用途が大きく、アルミ箔(はく)などを挟んでさらに機密性を高くしたものは、ロングライフミルクなどの長期保存用容器として使用されている。紙製食器には、コップ、皿、ランチボックスなどがあり、使い捨てができて軽いため、携帯用としても便利である。とくにランチボックスには、アルミ箔加工と防水加工を十分にしたものが多い。カラフルに印刷できて華やかさもあるので、パーティー用のほかファーストフード(ハンバーガーやフライドチキンなど、すばやく出せる食品や調理を扱う店)などで広く使われている。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紙容器の関連情報