コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大滝 おおたき

4件 の用語解説(大滝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大滝
おおたき

北海道南西部,伊達市北東の飛び地をなす旧村域。長流川 (おさるがわ) 上流域を占める。 1919年徳舜瞥村として村制施行。 1950年名称を大滝村に改称。 2006年伊達市に編入。かつて褐鉄鉱,硫黄などを産する徳舜別鉱山があったが,1971年に閉山した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大滝
おおたき

埼玉県西端部,秩父山地の荒川源流域一帯を占める秩父市西部の旧村域。山梨県,長野県,群馬県との県境にある。 1889年大滝村,中津川村,三峰村が合体し大滝村が成立。 2005年秩父市,吉田町,荒川村と合体して秩父市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおたき〔おほたき〕【大滝】

姓氏の一。
[補説]「大滝」姓の人物
大滝詠一(おおたきえいいち)
大滝秀治(おおたきひでじ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大滝の言及

【大竹[市]】より

…市域西部は400~600mの丘陵性山地で,そこから流れ出す小瀬川の谷口に古い市街地がある。大竹の名は《続日本紀》天平6年(734)9月16日条に初出,大滝とも書く。江戸時代は広島浅野藩により防長の毛利藩への備えとして,また山陽道の渡船場として重視された。…

※「大滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大滝の関連キーワード北海道伊達市旭町北海道伊達市乾町北海道伊達市有珠町北海道伊達市梅本町北海道伊達市大町北海道伊達市北有珠町北海道伊達市北黄金町北海道伊達市北稀府町北海道伊達市錦町北海道伊達市元町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大滝の関連情報