大滝(読み)オオタキ

デジタル大辞泉 「大滝」の意味・読み・例文・類語

おおたき〔おほたき〕【大滝】

姓氏の一。
[補説]「大滝」姓の人物
大滝詠一おおたきえいいち
大滝秀治おおたきひでじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本歴史地名大系 「大滝」の解説

大滝
おおたき

[現在地名]大館市十二所

西流する米代川左岸の道目木どうめき村に隣接する十二所じゆうにしよ枝郷。享保一五年(一七三〇)の「六郡郡邑記」に十二所町枝郷として「大滝村廿二軒 温湯有り」と記され、「秋田風土記」にも「大滝村家二十戸、此村温泉アリ、役銀八拾壱匁五分壱厘と云。疝疾瘡毒を治す」とみえる。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「大滝」の意味・わかりやすい解説

大滝
おおたき

埼玉県西端部,秩父山地の荒川源流域一帯を占める秩父市西部の旧村域。山梨県,長野県,群馬県との県境にある。 1889年大滝村,中津川村,三峰村が合体し大滝村が成立。 2005年秩父市,吉田町,荒川村と合体して秩父市となった。南部から西部にかけての県境沿いには雲取山 (2017m) ,大洞山 (2069m) ,甲武信ヶ岳 (2475m) ,三宝山 (2483m) ,三国山 (1826m) など 2000m級の高山が連なり,二瀬ダムによってできた秩父湖のほか,中津峡,三峰神社がある。全域秩父多摩甲斐国立公園に属する。十文字峠雁坂峠の分岐点に国指定史跡の栃本関跡がある。

大滝
おおたき

北海道南西部,伊達市北東の飛び地をなす旧村域。長流川 (おさるがわ) 上流域を占める。 1919年徳舜瞥村として村制施行。 1950年名称を大滝村に改称。 2006年伊達市に編入。かつて褐鉄鉱硫黄などを産する徳舜別鉱山があったが,1971年に閉山した。森林資源が豊富で,林業製材業が行なわれる。支笏洞爺国立公園の一部で,北湯沢温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「大滝」の意味・わかりやすい解説

大滝[温泉] (おおたき)

秋田県北部,大館市の東部,米代川に臨む温泉。発見は1500年前という伝説もあり,江戸時代には秋田藩主も訪れた。春の桜,秋の紅葉,冬はスキーも楽しめる閑静な温泉で,大館市の奥座敷としての利用も多い。食塩泉,61℃。対岸の五輪台にも温泉が開発されて,温泉街は拡張,秋田労災病院はじめ,各種保養施設の数は県内一で,近年にぎわいを呈してきた。付近の十二所は中世後期の城下町で,のち南部藩に接する要地として,秋田藩の所預(ところあずかり)がおかれた。また,米代川水運の終航地であった。
執筆者:

大滝(北海道) (おおたき)

大滝(埼玉) (おおたき)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

事典・日本の観光資源 「大滝」の解説

大滝

(静岡県賀茂郡西伊豆町)
静岡県のみずべ100選」指定の観光名所。

大滝

(長野県下伊那郡下條村)
信州の渓谷・滝百選」指定の観光名所。

大滝

(長野県大町市)
信州の渓谷・滝百選」指定の観光名所。

大滝

(長野県茅野市)
信州の渓谷・滝百選」指定の観光名所。

大滝

(山梨県甲府市)
ふるさとの水辺百選」指定の観光名所。

大滝

(熊本県菊池市)
熊本名水百選」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

デジタル大辞泉プラス 「大滝」の解説

大滝

栃木県日光市、鬼怒川上流の旧・栗山村地域、土呂部(どろぶ)地区にある滝。冬季には氷瀑が観察できる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の大滝の言及

【大竹[市]】より

…市域西部は400~600mの丘陵性山地で,そこから流れ出す小瀬川の谷口に古い市街地がある。大竹の名は《続日本紀》天平6年(734)9月16日条に初出,大滝とも書く。江戸時代は広島浅野藩により防長の毛利藩への備えとして,また山陽道の渡船場として重視された。…

※「大滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android