コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙蓋 かみぶた

2件 の用語解説(紙蓋の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かみぶた【紙蓋】

紙で作った落とし蓋。芋などくずれやすいものを煮るときに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かみぶた【紙蓋】

紙で作った落としぶた。いもなど、煮崩れしやすいものを長時間煮るときに用いる。キッチンペーパーなどで鍋の内径よりもひと回り大きめに作り、煮汁に直接密着させて使う。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紙蓋の関連キーワード入れ子蓋嬉しぶ落とし蓋・落し蓋塵紙煮崩れ押蓋落し蓋差蓋身崩れ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone