素干・素乾(読み)すぼし

精選版 日本国語大辞典の解説

す‐ぼし【素干・素乾】

〘名〙
① 日光や火にあてないでかわかすこと。かげぼし。
※俳諧・毛吹草(1638)四「摂津〈略〉簾干小鰯(スボシのこいはし)
② 遊里などで、客、または遊女が相手に約束をしながらまったく顔を出さないこと。すっぽかすこと。
※洒落本・二日酔巵觶(1784)「よんべは梅川女郎が御客の素干(スボシ)としやしたね」
③ (かげぼしにして作るところから) ごまめ。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報