物類称呼(読み)ぶつるいしょうこ

日本大百科全書(ニッポニカ)「物類称呼」の解説

物類称呼
ぶつるいしょうこ

方言集。越谷(こしがや)(埼玉県)出身の俳人越谷吾山(ござん)(1717―87)。1775年(安永4)刊。全五巻を巻一「天地人倫」、巻二「動物」、巻三「草木(生)」、巻四「衣食・器財(器用)」、巻五「言語」のように分類し、計550の見出し語の下にそれにあたる各地の方言を記す。その数約5000。ときに古書を引き、詳しい解説を付す。序文には、簡単な日本方言の概観もあり、また辺境の地に古語の残ることなども記されている。わが国最初の全国方言集で、質量ともに優れ、明治・大正のころまで本書をしのぐものがなかった。

[坂梨隆三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「物類称呼」の解説

物類称呼
ぶつるいしょうこ

江戸時代後期の全国的規模の方言辞書。越吾山 (こしがやござん) 著。5巻。安永4 (1775) 年刊。天地,人倫,動物,生植,器用,衣食,言語の7類に分類して,約 550語を選び,それに対する全国各地の方言約 4000語を示し,さらに古書の用例をひいたりして詳しい解説が付してある。著者は武蔵国越谷 (現埼玉県越谷市) の俳人で,本名,会田秀真 (ほずま) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「物類称呼」の解説

物類称呼【ぶつるいしょうこ】

江戸時代の方言辞書。越谷(こしがや)吾山(本名会田秀真(ほずま))〔1717-1787〕著。1775年刊。5巻。諸国の方言約4000を天地・人倫・動物など7部門約500項目に分類し,解説。当時の全国の方言を知るうえで貴重な資料である。吾山は武蔵国越谷の出で,江戸の俳諧師
→関連項目俚言集覧

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「物類称呼」の解説

ぶつるいしょうこ【物類称呼】

江戸中期の方言辞書。五巻五冊。越谷吾山(会田秀真)編。安永四年(一七七五)刊。各地の方言約五百項目四千語を天地・人倫・動物・生植・器用・衣食・言語の七部門に分類し、考証・解説を加えたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「物類称呼」の解説

ぶつるいしょうこ【物類称呼】

方言辞書。〈諸国方言〉と角書する。5巻5冊。越谷(こしがや)吾山(1717‐87)著。1775年(安永4)刊。全国各地の方言語彙(ごい)4000を,天地,人倫,動物,生植(草木のこと),器用(道具類をいう),衣食,言語の7部門に分け,約500項の標語のもとに列挙する。ときに古書を引いたり解説を加えたりしており,凡例では,簡単ながら方言分布の大観をしている。日本における最初の全国方言辞典で,雅言が尊ばれた時代に方言語彙の編集を試みたことは評価すべく,また江戸中期の方言をうかがうに貴重な文献である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android