摂津(読み)セッツ

デジタル大辞泉 「摂津」の意味・読み・例文・類語

せっつ【摂津】

旧国名の一。五畿に属し、現在の大阪府北西部と兵庫県南東部にあたる。摂州。津の国。
大阪府中北部の市。大阪市の北部工業地域の延長として化学機械などの工業が盛ん。人口8.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「摂津」の意味・読み・例文・類語

せっつ【摂津】

  1. [ 一 ] ( 天武天皇のときに摂津職(せっつしき)が置かれ、津国を統治したために呼ばれた ) 畿内五か国の一つ。古代、「つのくに(津国)」と呼ばれ、務古(武庫)水門良港をもち、大陸との交易繁栄。奈良時代を通じて難波宮が置かれ、その後も京都への要地として軍事的・政治的に重視された。鎌倉時代は北条氏、室町時代は赤松氏・細川氏・織田氏が、その後は豊臣秀吉が大坂城を造営して支配。江戸時代は大坂城代と尼崎三田(さんた)高槻麻田の四藩が置かれた。明治四年(一八七一)の廃藩置県後、尼崎・三田の二藩は兵庫県東部、他は大阪府北部となる。浪速。摂州。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
  2. [ 二 ] 大阪府中央部の地名。千里丘陵南部、淀川と安威(あい)川の流域にある。昭和四一年(一九六六)三島町が市制施行し名称変更

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「摂津」の意味・わかりやすい解説

摂津[市] (せっつ)

大阪府北部,大阪市の北東部に隣接する市。1966年三島町が市制施行して摂津市と改称。人口8万3720(2010)。淀川右岸に位置し,市域はL字形で,その大半は沖積低地である。安威(あい)川,茨木川,山田川,大正川などの中小河川がすべてこの地に集中して低湿なため,古い集落は淀川や安威川が形成した自然堤防上に立地した。昭和に入って,新京阪電鉄(現,阪急京都線)正雀(しようじやく)駅(1928)や現在のJR東海道本線千里丘駅(1938)の開設により市街地が形成されはじめた。市域にはほかに東海道新幹線が走り,近畿自動車道,府道の大阪中央環状線,大阪高槻京都線,大阪高槻線なども通って,京阪神を結ぶ主要交通路の通過点となっている。第2次大戦後,これら道路に沿って多くの工場や倉庫などが進出した。1968年には大阪市内から銘木団地が北東部の鳥飼に移転し,流通の拠点となっている。鳥飼には新幹線の電車基地もある。かつて三島酒米の産地として知られたが,近年は作付面積が減少している。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「摂津」の解説

摂津 せっつ

?-? 平安時代後期の女官,歌人
白河天皇の皇女令子(れいし)内親王につかえ,内親王の成人にともない斎院摂津,皇后宮摂津,二条太皇太后宮摂津などとよばれた。寛治(かんじ)8年(1094)の「高陽院七番歌合」や康和4年(1102)の「堀河院艶書合」などに参加。「金葉和歌集」以下の勅撰集に14首がのり,家集に「摂津集」がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「摂津」の解説

摂津

日本海軍の戦艦。河内型戦艦の2番艦。1911年進水、1912年就役の弩級戦艦。第一次世界大戦に参加したのち、ワシントン海軍軍縮条約により特務艦に変更、標的艦となる。第二次世界大戦末期の呉軍港空襲により大破、除籍。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の摂津の言及

【鳥養牧】より

…摂津国島下郡(現,大阪府摂津市)の牧。平安時代左右馬寮が経営した近都六牧の一つ。…

※「摂津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android