コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素量 ソリョウ

デジタル大辞泉の解説

そ‐りょう〔‐リヤウ〕【素量】

具体的なある種類の量で存在しうる最小単位。「電気素量

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そりょう【素量】

ある物理量について、それの整数倍の値だけしか現れることがないような最小単位量。よく知られている素量に電気素量がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の素量の言及

【神経伝達物質】より

… 神経伝達物質は通常,神経前膜付近にある400~500Åのシナプス顆粒(かりゆう)synaptic vesicle中に高濃度に蓄積されている。神経からの電気的刺激が神経繊維を通って神経終末部に達すると,シナプス顆粒のあるものはその内容物を素量quantumとしてシナプス間隙(かんげき)に放出する(神経伝達物質は一つ一つの分子としてではなく,一定数の分子がひとまとまりとなって放出されるが,このまとまりを素量という)。これらの過程には,伝達物質の素材およびエネルギーを摂取する過程,伝達物質を合成し,濃縮し分泌顆粒を作る過程,刺激によって放出される過程など広義の分泌secretionの複雑な過程が含まれている。…

※「素量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

素量の関連キーワードローレンツ‐ローレンツの式ジョセフソン効果リュードベリ定数ミリカンの実験重イオンビームファラデー定数クリッツィンク微細構造定数古典電子半径ボーア半径クラッソン電子ボルトストーニーイオン価量子標準普遍定数ミリカン磁気単極電荷素量電気素量

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android