コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫式部集 むらさきしきぶしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

むらさきしきぶしゅう【紫式部集】

紫式部家集。少女時代から晩年ころまでの歌の自撰集。伝本は定家本系(代表は実践女子大本),古本系(代表は陽明文庫本)に分かれ,それぞれ歌数およそ120~130首,歌序を異にするが,校定本として岩波文庫《紫式部集》がある。厳選された家集で歌屑がなく,独詠が少なく贈答歌が多いのは,式部の生涯での知己,友人関係を重視したことが知られ,式部の人物,思想,歌風,生涯を知る貴重な資料である。【南波 浩】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

紫式部集の関連キーワード大弐三位祓所神朗らか童友達モモ長雨

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android