コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫式部集(読み)むらさきしきぶしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

むらさきしきぶしゅう【紫式部集】

紫式部家集。少女時代から晩年ころまでの歌の自撰集。伝本は定家本系(代表は実践女子大本),古本系(代表は陽明文庫本)に分かれ,それぞれ歌数およそ120~130首,歌序を異にするが,校定本として岩波文庫《紫式部集》がある。厳選された家集で歌屑がなく,独詠が少なく贈答歌が多いのは,式部の生涯での知己,友人関係を重視したことが知られ,式部の人物,思想,歌風,生涯を知る貴重な資料である。【南波 浩】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android