歌風(読み)かふう

精選版 日本国語大辞典「歌風」の解説

か‐ふう【歌風】

〘名〙 の発想上、または表現上の特色。歌の詠みぶり。歌の作風
※五音曲条々(1429‐41頃)「凡音曲のすがたかかりを数木にたとへてその心を歌風をもて見する条々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android