コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫蘇輝石斑糲岩 しそきせきはんれいがんnorite

1件 の用語解説(紫蘇輝石斑糲岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

紫蘇輝石斑糲岩

最初はラブラドライト斜方輝石からなり,ダイレージ,角閃石,雲母などを含む塩基性深成岩に付けられた名称[Esmark : 1823].ローゼンブッシュはこの名称をハイパーシン岩(hypersthenite)として,粗粒の顕晶質でCaに富む斜長石と斜方輝石からなる岩石とした[Rosenbusch : 1877].単斜輝石不透明鉱物は一般に副成分として含まれる.オージャイトが加わるとハイパライトとなる.北部ノルウェーの地方名に因む.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone