コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫蘇輝石斑糲岩 しそきせきはんれいがん norite

1件 の用語解説(紫蘇輝石斑糲岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

紫蘇輝石斑糲岩

最初はラブラドライト斜方輝石からなり,ダイレージ,角閃石,雲母などを含む塩基性深成岩に付けられた名称[Esmark : 1823].ローゼンブッシュはこの名称をハイパーシン岩(hypersthenite)として,粗粒の顕晶質でCaに富む斜長石と斜方輝石からなる岩石とした[Rosenbusch : 1877].単斜輝石不透明鉱物は一般に副成分として含まれる.オージャイトが加わるとハイパライトとなる.北部ノルウェーの地方名に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫蘇輝石斑糲岩の関連キーワード斜方輝石無人岩コウダイトアラブラドライトライト・ラブラドールドラコナイトヒペリタイトラブラドファイアラブラドライト安山岩斜方輝岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone