コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫蘇輝石斑糲岩 しそきせきはんれいがんnorite

岩石学辞典の解説

紫蘇輝石斑糲岩

最初はラブラドライト斜方輝石からなり,ダイレージ,角閃石,雲母などを含む塩基性深成岩に付けられた名称[Esmark : 1823].ローゼンブッシュはこの名称をハイパーシン岩(hypersthenite)として,粗粒の顕晶質でCaに富む斜長石と斜方輝石からなる岩石とした[Rosenbusch : 1877].単斜輝石,不透明鉱物は一般に副成分として含まれる.オージャイトが加わるとハイパライトとなる.北部ノルウェーの地方名に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

紫蘇輝石斑糲岩の関連キーワードハイパーシン斑糲岩

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android