累卵の危うき(読み)るいらんのあやうき

ことわざを知る辞典「累卵の危うき」の解説

累卵の危うき

を積みあげたように、きわめて不安定で危険なさま。

[使用例] ソフトバンク存亡の危機を救った大森は、一転してソフトバンク累卵の危機を招いたのである[佐野眞一*あんぽん 孫正義伝|2012]

〔異形〕あやうきこと累卵のごと

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「累卵の危うき」の解説

るいらん【累卵】 の 危(あや)うき

卵を積みあげたようにきわめて不安定で危険な状態。
※翰林葫蘆集(1518頃)六・題玉汝琳首座容安斎記後「曾聞樹上結巣穏。閑看人間累卵危」 〔枚乗‐上書諫呉王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「累卵の危うき」の解説

累卵るいらんあやうき

《「史記范雎はんしょ伝から》積み上げた卵のように、非常に不安定で危険な状態。「今まさに累卵の危うきにあると言える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android