累卵(読み)るいらん

精選版 日本国語大辞典「累卵」の解説

るい‐らん【累卵】

〘名〙 を積み重ねること。きわめて不安定で危険な状態のたとえ。
※本朝文粋(1060頃)四・為入道前内大臣辞関白表〈大江匡衡〉「譬猶崑崙而圧。傾渤澥而注孤燈」 〔戦国策‐秦策・孝文王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「累卵」の解説

るい‐らん【累卵】

卵を積み重ねること。不安定で危険な状態のたとえ。
「我がセーベを、―の危きに、置きたるを如何せん」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「累卵」の解説

【累卵】るいらん

積み重ねた卵。危険な状態。〔韓非子、十過〕は小國なり。而して・楚のらる。其の君のきこと、ほ累卵のごときなり。

字通「累」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android