コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

累卵 ルイラン

デジタル大辞泉の解説

るい‐らん【累卵】

卵を積み重ねること。不安定で危険な状態のたとえ
「我がセーベを、―の危きに、置きたるを如何せん」〈竜渓経国美談

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

るいらん【累卵】

〔いくつも積み重ねた卵の意〕
危険な状態にあることをたとえていう語。 「邦家-の急を拯すくひたる爾なんじ忠勇の霊/此一戦 広徳
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

累卵の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽淚・類・塁・壘・涙・累・類危うきこと累卵の如し累卵の危うき麻生 路郎大橋乙羽麻生路郎危うい邦家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android