コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川雄二郎 ほそかわ ゆうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川雄二郎 ほそかわ-ゆうじろう

1851-1915 明治-大正時代の統計学者。
嘉永(かえい)4年5月4日生まれ。明治25年「日本財政総覧」第1集,41年同第2集,42年には「日本財政年鑑」を刊行して,明治39年までの国庫財政の統計調査を完成させた。大正3年「日本統計通信」を創刊。大正4年7月23日死去。65歳。肥後(熊本県)出身。号は苓北。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

細川雄二郎

没年:大正4.7.23(1915)
生年嘉永4.5.4(1851.6.3)
明治期の財政統計編纂者。明治期に財政統計の大編纂書「日本財政総覧 第壱輯(明治1年から明治23年度まで)」(1892),「同第弐輯(明治21年度から明治35年度まで・付録明治33年度から明治39年度)」(1908),「日本財政年鑑」(1907)を編纂した(いずれも国立公文書館蔵)。肥後国(熊本県)生まれ。長崎で和漢の学を修め,国立長崎第十八銀行に約10年,九州鉄道会社に1年勤務ののち,21(1888)年上京。立憲政治に必要な財政統計を編纂することを決意し,中井桜洲の賛同と援助を得て第1輯を編纂,刊行する。第2輯刊行後,第3輯(明治40年度から明治45年度まで)を計画したが未完。心臓病で死亡した。

(守岡隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

細川雄二郎の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android