コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計調査 トウケイチョウサ

デジタル大辞泉の解説

とうけい‐ちょうさ〔‐テウサ〕【統計調査】

集団の全域にわたる数量的諸性質を観察・分析するために行う調査。調査対象から、全数調査標本調査(部分調査)・実態調査などに分類される。
[補説]総務省統計局が行うものに、国勢調査事業所・企業統計調査、人口推計労働力調査家計調査などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の統計調査の言及

【標本調査】より

…日本の人口や雇用労働者の平均賃金を知る場合などのように,特定の集団を観察してその特徴を数量的に把握する調査を統計調査という。対象となる集団のすべての構成要素を観察する統計調査が全数調査と呼ばれるのに対し,構成要素の一部分しか観察されない統計調査は標本調査と呼ばれる。…

※「統計調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

統計調査の関連キーワード特定サービス産業動態統計調査訪日外国人消費動向調査世界農林業センサス機械受注統計調査全国消費実態調査日本標準産業分類特サビ実態調査事業所統計調査統計センター地域メッシュ住宅統計調査無作為抽出法農家経済調査レジャー白書賃金センサス基幹統計調査一般統計調査工業センサス層化抽出法加倉井駿一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

統計調査の関連情報