コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計調査 トウケイチョウサ

1件 の用語解説(統計調査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうけい‐ちょうさ〔‐テウサ〕【統計調査】

集団の全域にわたる数量的諸性質を観察・分析するために行う調査。調査対象から、全数調査標本調査(部分調査)、実態調査などに分類される。また、総務省統計局が行う統計調査に、国勢調査事業所・企業統計調査人口推計労働力調査家計調査消費者物価指数などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の統計調査の言及

【標本調査】より

…日本の人口や雇用労働者の平均賃金を知る場合などのように,特定の集団を観察してその特徴を数量的に把握する調査を統計調査という。対象となる集団のすべての構成要素を観察する統計調査が全数調査と呼ばれるのに対し,構成要素の一部分しか観察されない統計調査は標本調査と呼ばれる。…

※「統計調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

統計調査の関連キーワード数量化Ⅰ類数量化Ⅱ類群馬推測統計学推定一倍参与観察全域大清一統輿図パンクロ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

統計調査の関連情報