コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞生理学 さいぼうせいりがくcell physiology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細胞生理学
さいぼうせいりがく
cell physiology

細胞段階で研究を行う生理学の一分科。たとえば細胞の水分,イオンその他の物質吸収輸送代謝,電気的性質などを研究する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の細胞生理学の言及

【細胞学】より

…またO.ヘルトウィヒは《細胞と組織》(1892)の中で生物現象を細胞の構造や機能によって説明しようとしてもいる。 生細胞の顕微鏡観察によって,細胞内浸透圧,細胞膜の半透性,原形質流動,繊毛・鞭毛運動,アメーバ運動などについて得られた生理学的知識は20世紀の細胞生理学へと発展した。 また,細胞分裂による遺伝形質の伝達についての知見,とくに生殖受精における核の行動の観察はA.ワイズマンによる生殖質連続説(1883年提唱されたもので,生殖細胞に含まれる生殖にかかわる要素が個体発生と受精を通じて次代へと連続して受けつがれるという説),さらに進化について獲得形質の遺伝を否定する進化論への道を開いた。…

※「細胞生理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

細胞生理学の関連キーワードワールブルク(Otto Heinrich Warburg)ワトソン(James Dewey Watson)オットー・ハインリッヒ ワールブルクムラサキオモト(紫万年青)マックス フェルウォルンマキシム シュワルツベルト ザクマンロバート ギャロフェルウォルンモーリッシュワールブルク神谷 宣郎フラスコモ鎌田 武雄動物生理学ザクマン鎌田武雄谷津直秀平本幸男バーグ

細胞生理学の関連情報