コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞間物質 サイボウカンブッシツ

デジタル大辞泉の解説

さいぼうかん‐ぶっしつ〔サイバウカン‐〕【細胞間物質】

主に動物の組織において、細胞と細胞との間をみたす物質。細胞をつなぐ役をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいぼうかんぶっしつ【細胞間物質】

細胞と細胞との間にあるタンパク質多糖類。結合組織や骨組織の硬軟性は、この物質の物理的化学的特性による。細胞間質。細胞間基質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

細胞間物質の関連キーワードミクロトームカラギーナン細胞含有物質コラーゲン細胞間基質細胞間質上皮組織ペクチン結合組織組織学パルプ間充織成長基質受精

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android