コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞間物質 サイボウカンブッシツ

デジタル大辞泉の解説

さいぼうかん‐ぶっしつ〔サイバウカン‐〕【細胞間物質】

主に動物の組織において、細胞と細胞との間をみたす物質。細胞をつなぐ役をする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいぼうかんぶっしつ【細胞間物質】

細胞と細胞との間にあるタンパク質多糖類。結合組織や骨組織の硬軟性は、この物質の物理的化学的特性による。細胞間質。細胞間基質。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報