細胞間物質(読み)サイボウカンブッシツ

デジタル大辞泉の解説

さいぼうかん‐ぶっしつ〔サイバウカン‐〕【細胞間物質】

主に動物の組織において、細胞と細胞との間をみたす物質。細胞をつなぐ役をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいぼうかんぶっしつ【細胞間物質】

細胞と細胞との間にあるタンパク質多糖類。結合組織や骨組織の硬軟性は、この物質の物理的化学的特性による。細胞間質。細胞間基質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android