コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終地形 しゅうちけい

2件 の用語解説(終地形の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

終地形【しゅうちけい】

浸食輪廻(りんね)の最終段階に作られる地形。原地形が浸食基準面近くまで浸食され,平たんな小起伏の地形となる(河食の場合は準平原,海食の場合は海食台)。終地形が再び浸食基準面より隆起すると新たな輪廻の原地形となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の終地形の言及

【地形】より

…海面変化によって陸化した旧海底や地盤運動によって高い位置に隆起させられた地塊や,新たに噴出した火山など外作用のまだ加えられていない地形を原地形と呼ぶ。原地形に外作用が加わって次々と変化していく地形を一括して次地形とし,浸食の結果最後に生ずる準平原が終地形である。準平原は浸食基準面である海面に近い高さの小起伏の浸食平野であり,古い硬い岩石から構成される。…

※「終地形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

終地形の関連キーワード衰退段階求刑準平原浸食輪廻壮年期地形地形輪廻老年期地形流転輪廻六道輪廻モード輪廻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone