浸食基準面(読み)しんしょくきじゅんめん(英語表記)base level of erosion

岩石学辞典の解説

浸食基準面

風,氷,流水,海などの作用で地表を削剥することのできる最低の水準[Twenhofel : 1939].陸地が削剥によって低下することのできる最低の面.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

浸食基準面【しんしょくきじゅんめん】

浸食作用の及ぶ下限面をいう。河食作用の場合は海面が浸食基準面で,川の中・上流に存在する湖沼面,硬岩層は,川のより上流に関する一時的な浸食基準面となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の浸食基準面の言及

【浸食作用】より

…もし内作用により新たに起伏を生ずることがなければ,究極的には地形は海面とほとんど同高の平たん面(準平原という)にまで浸食される。したがって一般に海面を〈浸食基準面base level of erosion〉といい,浸食はここで一応やむとされる。厳密には波による浸食(波食)は海面下20~60mまで及ぶので,地盤の静止が続けば土地は海面下の波食基準面surf base levelまで低下させられる。…

※「浸食基準面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android