コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸食基準面 しんしょくきじゅんめんbase level of erosion

岩石学辞典の解説

浸食基準面

風,氷,流水,海などの作用で地表を削剥することのできる最低の水準[Twenhofel : 1939].陸地が削剥によって低下することのできる最低の面.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

浸食基準面【しんしょくきじゅんめん】

浸食作用の及ぶ下限面をいう。河食作用の場合は海面が浸食基準面で,川の中・上流に存在する湖沼面,硬岩層は,川のより上流に関する一時的な浸食基準面となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の浸食基準面の言及

【浸食作用】より

…もし内作用により新たに起伏を生ずることがなければ,究極的には地形は海面とほとんど同高の平たん面(準平原という)にまで浸食される。したがって一般に海面を〈浸食基準面base level of erosion〉といい,浸食はここで一応やむとされる。厳密には波による浸食(波食)は海面下20~60mまで及ぶので,地盤の静止が続けば土地は海面下の波食基準面surf base levelまで低下させられる。…

※「浸食基準面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浸食基準面の関連キーワード基準化作用隆起準平原丹後半島乾燥地形パウエル浸食作用地下河川外作用準平原終地形原地形隆起

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android