コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸食輪廻 しんしょくりんね cycle of erosion

4件 の用語解説(浸食輪廻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浸食輪廻
しんしょくりんね
cycle of erosion

19世紀末,アメリカの W.デービスによって提唱された地形発達に関する概念で,地形輪廻ともいう。火山活動や褶曲などで隆起した原地形が,浸食作用を次々に受け,高原風の土地に狭く急な谷を刻む幼年期地形からさらに浸食が進むと,平坦な原地形原は消滅し,急峻な山稜から成る壮年期地形を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんしょく‐りんね〔‐リンヱ〕【浸食輪×廻】

地盤の隆起により生じた原地形が、浸食によって険しい山地に変わり、最後に平坦(へいたん)な準平原になる地形の変化。地形輪廻。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浸食輪廻【しんしょくりんね】

おもに内的営力によって生じた地表面(原地形)が種々の浸食作用を受け,一定の法則性のもとに終地形にまで到達する変化。浸食作用の種類によって河食輪廻氷食輪廻,海食輪廻,溶食輪廻乾燥輪廻などに分けられる。
→関連項目河食輪廻河川河川の若返り原地形終地形準平原壮年期(地形)デービスV字谷幼年期(地形)老年期(地形)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の浸食輪廻の言及

【地形】より

…これが隆起させられれば高みにいたり,浸食作用は再び興って浸食基準面に向かって全体の地形を平らにするような前回と同じ浸食による地形変化の経過が繰り返される。このゆえにこのような地形変化過程を地形輪廻geomorphic cycleまたは,浸食作用により変化する地形をおもな対象としたため浸食輪廻cycle of erosionと呼び,地表の各部分は地球創生以来それぞれ何回も地形輪廻を経過してきたと考えられている。 次地形は人の一生にたとえ,幼年期,壮年期,老年期に分け,その中を必要によって早,晩,満を付して細分する。…

※「浸食輪廻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浸食輪廻の関連キーワードデータベースサービスアメリカの声アメリカ杉アメリカンパクスアメリカーナ亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone