コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原地形 げんちけいinitial form

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原地形
げんちけい
initial form

W.デービス浸食輪廻説において,地形変化の出発点となる仮想上の地形。地形の変化は原地形に始り,次地形 (幼年期,壮年期,老年期) を経て終地形 (準平原 ) をもって終る。原地形は内作用によって生じるもので,新たに噴出した火山の表面,隆起または海面の下降によって陸地となった旧海底面,地殻運動または海面変化によって浸食基準面に対する位置関係を変じた地表面,などが原地形に近いものであるといえる。 (→幼年期地形 , 壮年期地形 , 老年期地形 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

原地形【げんちけい】

浸食輪廻(りんね)の出発になる平たんな地形。隆起したばかりの海底面や準平原,火山運動で新しくできた土地など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

げんちけい【原地形】

火山活動によって形成された火山や、海底が隆起してできた海岸平野など、地形輪廻りんねの出発点として想定される地形。原形面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の原地形の言及

【地形】より

…彼によれば地形を支配する主要な因子として組織,営力,時期の三つを考え,とくにこれを地形因子と名付けた。〈組織〉は原地形と地質構造とであり,具体的には最初の高さや起伏,大きさや形態に加えてそれを造っている岩石の種類,浸食への抵抗性や岩石の配置などが含まれる。〈営力〉はこの場合は浸食作用のことで,その種類によって,それぞれ特徴のある地形が現出する。…

※「原地形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

原地形の関連キーワード瑞穂(島根県)幼年期(地形)モーリシャスカルスト地形邑南(町)カメルーン木曾駒高原河食輪廻地形輪廻青山高原海岸平野北上高地構造地形黄土高原デボン州切峰面接峰面妙義山侵食植生

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android