コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絃曲粋弁当 げんきょくすいべんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絃曲粋弁当
げんきょくすいべんとう

上方端歌の歌本。「絃曲」は題簽角書 (つのがき) 。初編の初版は安永3 (1774) 年であるが,天明1 (81) 年に塩屋平助が旧版改補,2編を同3年,3編および以上合冊を寛政6 (94) 年,4編および以上合冊の『 (絃曲) 粋弁当大成』を文化4 (1807) 年にそれぞれ刊行。同 14年には『 (絃曲唱歌) 続粋弁当』初編 (『〈今様絃曲〉粋弁当』ともいう) が,中村芝翫 (3世中村歌右衛門) の序をつけて刊行され,文政3 (20) 年には正編4冊と合冊された。のちの『浮れ草』や『粋の懐 (ふところ) 』などとの比較によって,上方のはやり端歌の変遷を知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

絃曲粋弁当の関連キーワード上方端歌

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android