コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経度変化 けいどへんか

百科事典マイペディアの解説

経度変化【けいどへんか】

地球の自転軸の移動による極変化(緯度変化)のため天文経度経度)が周期的に変化する現象。周期12ヵ月と14ヵ月のものがあり,変動量は0.02″×tanψ(ψは観測地の緯度)程度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の経度変化の言及

【緯度変化】より

…多くの観測所の緯度変化を集め,最小二乗法によって極運動座標を決定している。観測天文経度をλとすると,⊿λ=λ-Λが経度変化で,これは⊿λ=(-xsinΛ+ycosΛ)tanΦの関係があり,経度変化からも極運動座標が求められる。天文経緯度の変化は,極運動の成分と同じく430日周期のチャンドラー運動,1年周期の年周運動および永年変化を含んでいる。…

※「経度変化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経度変化の関連キーワード宮地政司

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android