経略使(読み)ケイリャクシ

大辞林 第三版の解説

けいりゃくし【経略使】

中国、唐・宋代の官名。辺境に置かれた武官。唐では節度使が兼ね、宋初は常置されなかった。のち軍政のみならず民政もつかさどった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいりゃく‐し【経略使】

〘名〙 中国、唐および宋の官名国境に配置した軍事関係の長官。唐では節度使がこれを兼任し、宋では常時配置せず辺境に軍兵を配する場合に派遣された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android