コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経管腔的内視鏡手術 ケイカンクウテキナイシキョウシュジュツ

デジタル大辞泉の解説

けいかんくうてき‐ないしきょうしゅじゅつ〔ケイクワンクウテキナイシキヤウシユジユツ〕【経管×腔的内視鏡手術】

口や肛門などの開口部から内視鏡を挿入し、体腔内で診断・処置を行う治療方法。体表面を切開することなく、目的の臓器や組織の生検・切除・摘出・吻合(ふんごう)などを行うことができる。NOTES(ノーテス)(Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgery)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

経管腔的内視鏡手術の関連キーワードNotes