コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生検 せいけんbiopsy

翻訳|biopsy

7件 の用語解説(生検の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生検
せいけん
biopsy

試験切除あるいはバイオプシーともいう。生体から検体 (組織切片など) をとって行う病理組織学的検査法で,死体の解剖による剖検に対するもの。病変 (たとえば癌) の確定診断,あるいは疾病の予後判定をするために必要不可欠のものとされており,すべての臓器に適用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐けん【生検】

生体から細胞・組織を外科的に切り取ったり針を刺して取ったりして調べ、病気の診断を行う方法。バイオプシー。生体組織診断

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

生検【せいけん】

バイオプシー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいけん【生検 biopsy】

医学用語。バイオプシーとも呼ばれる。生体の臓器あるいは組織の一部を取り出して,病理組織学的に診断を確定することをいう。この際,臓器あるいは組織の病変が均等に存在する場合は,そのいずれの部分を取り出しても診断は妥当であるが,病変が臓器あるいは組織内で均等に存在せず,部分的に限られて存在する場合には問題となる。すなわち,その個所を採取できた場合は正しい診断を下しうるが,そうでない場合は誤った診断を下す可能性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいけん【生検】

生体の臓器または組織の一部を切りとって検査し、病理組織学的に診断を確定すること。バイオプシー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生検
せいけん

生きている人間、すなわち生体から組織の一部を採取し、その組織学的形態像から病気の診断を行う方法で、バイオプシーbiopsyともいう。皮膚生検のように体表から生検を行う場合には、その方法は比較的簡単であるが、体内の臓器から生検をする場合には、ファイバースコープを代表とする内視鏡を介して生検する。たとえば食道、胃、小腸および大腸のような消化管では、ファイバースコープによる直視下生検が行われている。また、肝臓に対しては腹腔(ふくくう)鏡直視下に行う肝生検のほか、内視鏡を使わない盲目的な肝生検も行われている。なお、胃癌(がん)とくに早期胃癌の診断には胃生検が不可欠である。また、従来生検が困難であった膵臓(すいぞう)に対しても、膵生検が試みられるようになった。[竹本忠良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の生検の言及

【癌】より

… 内視鏡は,日本でとくに発展をみた検査法で,胃,腸,気管支,泌尿器などの管腔に光を運ぶ細いガラス管を束ねてつくったファイバースコープを入れて観察や撮影を行い,同時に先に備えた器具で疑わしい組織を採取する。 生体から組織を採取して組織学的に検索することを生検(バイオプシーbiopsy)という。癌の診断は,最終的には生検で行う。…

【子宮癌】より

…それは,細胞診で癌と診断されても,癌でない場合(偽陽性率)が低率ではあるが存在するからである。(2)組織診biopsy 疑わしい部位から組織をとり,標本を作って顕微鏡検査をするのを組織診という。採取する組織は米粒大のもので,少し出血をするが縫合する必要はまずない。…

【内視鏡】より


[内視鏡を用いて行う検査]
 内視鏡を用いてさまざまな検査が行われるようになった。(1)生検biopsy,細胞診cytodiagnosis 径2mm以下のきわめて小さいはさみまたはさじ状のもの(生検鉗子)を内視鏡内に設けたパイプを通して挿入し,目的の部位から組織や細胞を採取して顕微鏡的に検査する。胃腸や気管支の粘膜には皮膚におけるような痛覚はないので,痛みなく実施できる。…

【病気】より

…病理解剖学的診断とは,症候論的診断を可視化することで行われる。最終的,結論的には,身体内部を開けて直接病変部位を確認することによって得られるが,その代用として,疑わしい組織の一部を採取して顕微鏡で検査したり(これを生検biopsyという),胃カメラ,気管支鏡,膀胱鏡などの内視鏡で病変を確認したり,あるいはX線や超音波などで間接的に病変部の輪郭を確認することで判断することも含まれる。器質的疾患の診断としては,最も中核的な局面である。…

【癌】より

… 内視鏡は,日本でとくに発展をみた検査法で,胃,腸,気管支,泌尿器などの管腔に光を運ぶ細いガラス管を束ねてつくったファイバースコープを入れて観察や撮影を行い,同時に先に備えた器具で疑わしい組織を採取する。 生体から組織を採取して組織学的に検索することを生検(バイオプシーbiopsy)という。癌の診断は,最終的には生検で行う。…

【内視鏡】より

…束ねてあるファイバーの本数が多いほどよい画像を送ることができるわけで,直径が毛髪より細い光ファイバーが数千本以上束ねられている。さらに照明用の光を体内に導くための別の光ファイバーの束が組み込まれているほか,生検鉗子の出し入れや,空気や水を送りあるいは吸引するためのパイプ,先端部を動かすためのワイヤなどがファイバースコープには組み込まれている。先端部に小型の胃カメラを組み込んだものもある。…

【病気】より

…病理解剖学的診断とは,症候論的診断を可視化することで行われる。最終的,結論的には,身体内部を開けて直接病変部位を確認することによって得られるが,その代用として,疑わしい組織の一部を採取して顕微鏡で検査したり(これを生検biopsyという),胃カメラ,気管支鏡,膀胱鏡などの内視鏡で病変を確認したり,あるいはX線や超音波などで間接的に病変部の輪郭を確認することで判断することも含まれる。器質的疾患の診断としては,最も中核的な局面である。…

【病理学】より

… 一般に病理学は,医学においては基礎医学として位置づけられている。しかし,剖検,生検(手術によって取り出された組織材料などの検査)に際しては,臨床医の診察のときと同じように,患者の諸病歴,検査成績などが必要であることをみればわかるように,実地の病理学は,むしろ,臨床医学の一分野を担っているというべきである。現に,アメリカ医師会医師分類では,病院におけるpathologist(病理学者あるいは病理医)を,患者診療に直接たずさわる医師として扱っている。…

※「生検」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生検の関連情報