経鼻薬(読み)けいびやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経鼻薬
けいびやく

鼻腔内に投与し,鼻の粘膜からの吸収によって患部に適用されることを期待した薬物経口投与,静脈投与などのように肝臓での分解を受けにくいため,体内での薬物濃度が一定するという長所があり,ペプチドや蛋白系薬物の投与に適していると考えられる。子宮内膜症治療剤の酢酸ブレセリンや,中枢性尿崩症薬の酢酸デスモプシンなどがある。さらに,鼻粘膜は頭蓋骨の篩板部分で脳脊髄液にきわめて近接していることから,脳内への薬物投与の可能性も示唆されている。これが実現されれば,血液-脳関門を通過せずに直接中枢系に作用する薬物送達が可能になり,アルツハイマー症治療などの利用も期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android