コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結線 けっせん

大辞林 第三版の解説

けっせん【結線】

( 名 ) スル
電気機器の部品を電線で接続し、配線すること。 「室内-」 「 -図」
密教で六字法を修するとき、紐を結ぶこと。怨敵おんてき・悪病を結縛するための呪術。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

結線の関連キーワードリコンフィギュラブル・デバイスHyperTransportシステム・イン・パッケージシーケンスコントローラーコンピューターの最新潮流シリコン・プロセス技術電気めっき(電気鍍金)フリップフロップ回路アナログコンピュータシェリングブリッジネオングローランプジャンパースイッチ三相4線式配電方式フラットケーブルシステムLSIクロスケーブルジャンパーピンセル構造機械薄膜集積回路混成集積回路

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結線の関連情報