絡繹・駱駅(読み)らくえき

精選版 日本国語大辞典「絡繹・駱駅」の解説

らく‐えき【絡繹・駱駅】

〘名〙 (形動タリ) 絶え間なく続くこと。人馬や車の往来が絶え間なく続くこと。また、そのさま。
※万葉(8C後)一六・三八三七・左注「諸人酒酣歌儛駱駅」
※読本・近世説美少年録(1829‐32)一「門前日々に市のごとく、絡繹(ラクエキ)として絶ざりけり」 〔王延寿‐魯霊光殿賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android