コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統合保育 とうごうほいく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統合保育
とうごうほいく

障害児を健常児と一緒に保育すること。統合保育は,健常者が幼児のころから障害児と接することによって自然に理解を深めていく,障害児は刺激を受けて成長し積極的な社会参加の土台となるなど大きな意義を持っている。しかし学習面で障害児に合わせたカリキュラム編成が困難など問題点も多く,今後の大きな課題となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

統合保育の関連キーワード混合保育片桐格障害児

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android