コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵グラフ えぐらふ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

絵グラフ

数値の大小をイラストで表したグラフのこと。ピクトグラフともいう。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

え‐グラフ〔ヱ‐〕【絵グラフ】

物の数や量を絵で表したグラフ。人口を人間の絵の大きさで表すなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えグラフ【絵グラフ】

数量を示すのに、棒や折れ線などでなく、絵で示したグラフ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の絵グラフの言及

【統計グラフ】より

…統計グラフには,次に示すようにいろいろな種類があり,調査の目的や分類標識(質的分類,量的分類)により,適当に使い分けることがたいせつである。
[絵グラフと棒グラフ]
 質的分類にも,量的分類にも用いられ,各標識についての絶対量の大きさを比較する。絵グラフ(図1)は,その内容を写した絵の面積や同じ絵(アイソタイプ)を並べた個数によって比較するもので,一般の人にも親しみやすく展示用の図表などに多く用いられるが,書くのに手数がかかり,精密さに欠けることもある。…

※「絵グラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone