物の数(読み)もののかず

精選版 日本国語大辞典「物の数」の解説

もの【物】 の 数(かず)

① 人や物を順々にえ上げる数。
平家(13C前)「下臈は五百千までこそ物のかずをば知てへども」
② 取り上げて数え立てるほどのもの。問題にすべきもの。に介すべきほどのもの。多く打消のを伴って用いる。
源氏(1001‐14頃)野分「いかで東の御方、さるもののかすにて立ち並び給つらむ」
読本椿説弓張月(1807‐11)前「力はむかしに劣れども、なほ水牛をも(モノノカズ)と思はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「物の数」の解説

もの‐の‐かず【物の数】

(多く打消しの語を伴って用いる)数えたてるほど価値のあるもの。問題にすべきもの。「寒さなど物の数ではない」「物の数とも思わない」
人や物を順々に数え上げる数。
下﨟げらふは四五百千までこそ―をば知りて候へども」〈平家・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android