物の数(読み)モノノカズ

  • の 数(かず)
  • もの

デジタル大辞泉の解説

(多く打消しの語を伴って用いる)数えたてるほど価値のあるもの。問題にすべきもの。「寒さなど物の数ではない」「物の数とも思わない」
人や物を順々に数え上げる数。
「下﨟(げらふ)は四五百千までこそ―をば知りて候へども」〈平家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 人や物を順々に数え上げる数。
※平家(13C前)五「下臈は四五百千までこそ物のかずをば知て候へども」
② 取り上げて数え立てるほどのもの。問題にすべきもの。意に介すべきほどのもの。多く打消の語を伴って用いる。
※源氏(1001‐14頃)野分「いかで東の御方、さるもののかすにて立ち並び給つらむ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「力はむかしに劣れども、なほ水牛をも屑(モノノカズ)と思はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物の数の関連情報