コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵手紙 エテガミ

デジタル大辞泉の解説

え‐てがみ〔ヱ‐〕【絵手紙】

絵を書き添えた手紙。形式の制約はないが、葉書を使い、絵に簡単な文を添えるのが一般的。
[補説]書家小池邦夫が昭和中期に始めたとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

絵手紙

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

えてがみ【絵手紙】

絵画と短文を手書きで記した葉書。植物や風景などを描き、毛筆で詩などを書き添えることが多い。中高年世代を中心に、趣味として親しまれている。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絵手紙の関連キーワード山梨県南都留郡忍野村忍草小池邦夫絵手紙美術館岡田紅陽写真美術館未来郵便の日絵手紙の日高橋かおる長内美那子赤崎加林浅川とむ清水敬子月村志乃松元義和奥山弥生手書き短文絵画風景趣味植物咲希

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絵手紙の関連情報