書面(読み)しょめん

精選版 日本国語大辞典「書面」の解説

しょ‐めん【書面】

〘名〙
① 文書、手紙などに書かれた趣意。文面。
※大学垂加先生講義(1679)「此には曾氏之伝独とあるも、書面に即てかたれり」
② 文書。書付け。手紙。〔書言字考節用集(1717)〕
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「主人は此鄭重なる書面を冷淡に丸めてぽんと屑籠の中へ抛り込んだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「書面」の解説

しょ‐めん【書面】

文書・手紙などに書かれてあること。文面。
手紙。文書。書類。「書面で知らせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android