書面(読み)しょめん

精選版 日本国語大辞典「書面」の解説

しょ‐めん【書面】

〘名〙
① 文書、手紙などに書かれた趣意文面
※大学垂加先生講義(1679)「には曾氏之伝独とあるも、書面に即てかたれり」
② 文書。書付け。手紙。〔書言字考節用集(1717)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「主人は此鄭重なる書面を冷淡に丸めてぽんと屑籠の中へ抛り込んだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「書面」の解説

しょ‐めん【書面】

文書・手紙などに書かれてあること。文面。
手紙。文書。書類。「書面で知らせる」
[類語](1文面文章ぶん書き物一文いちぶん散文文言もんごん編章詞章詞藻文辞ぶんじ文藻文体章句/(2文書書類公文書私文書怪文書書き物古文書こもんじょドキュメント手紙書簡書信書状紙面信書私信私書しょ一書手書親書手簡書札しょさつ尺牘せきとく書牘しょとく雁書がんしょ雁信がんしん消息便りふみ玉章たまずさレター封書はがき絵はがき郵便

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android