絵面の見得(読み)エメンノミエ

  • えめん
  • えめんのみえ〔ヱメン〕
  • の 見得(みえ)
  • 絵面

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎の演出での見得の一つ。舞台における俳優の動作がいったん停止して、それぞれのポーズをとり、舞台全体が絵画的な構図の美しさを見せること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の絵面の見得の言及

【見得】より

…《勧進帳》の弁慶,《車引》の松王丸に見られる。〈絵面(えめん)の見得〉は2名以上の演者が形をきめて,一つの絵を形成する手法であるが,ことに時代物の幕切れのように大勢の登場人物が,対立した形で舞台の居どころをととのえて見得をするときにいう。《車引》の三兄弟が袋入りの傘を小道具にしてきまるのもその一つである。…

※「絵面の見得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android