見え(読み)ミエ

デジタル大辞泉「見え」の解説

みえ【見え/見栄/見得】

《動詞「みえる」の連用形から。「見栄」「見得」は当て字
見た目。外観。みば。「―を飾る」
(見栄)見た目の姿を意識して、実際以上によく見せようとする態度。「―で英字新聞を読む」
(見得)歌舞伎演技・演出の一。俳優が、感情の高揚した場面で、一瞬動きを停止して、にらむようにして一定のポーズをとること。
[類語]虚栄心めっき洒落っ気飾り気気取り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android