コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見え/見栄/見得 ミエ

デジタル大辞泉の解説

みえ【見え/見栄/見得】

《動詞「みえる」の連用形から。「見栄」「見得」は当て字
見た目。外観。みば。「―を飾る」
(見栄)見た目の姿を意識して、実際以上によく見せようとする態度。「―で英字新聞を読む」
(見得)歌舞伎の演技・演出の一。俳優が、感情の高揚した場面で、一瞬動きを停止して、にらむようにして一定のポーズをとること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

見え/見栄/見得の関連キーワード鼻を摘まれても分からないテーブルさん(山)座とびうお(飛魚)座くじゃく(孔雀)座おおかみ(狼)座レントゲン画法加齢黄斑変性症神の見えざる手縦断勾配錯視カメレオン座忍び元結皆既月食掻き消す英字新聞雨夜の月視覚障害多義図形市場原理恒常現象見え見え