コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対優位 ぜったいゆういabsolute advantage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対優位
ぜったいゆうい
absolute advantage

貿易理論によれば,各国が自国の得意とする分野に特化し,その商品と他国で生産された商品とを貿易することにより双方が国際分業による利益を得ることができるとされる。その場合,各国がどの分野に特化すべきかについては,2つの考え方がある。第1は,生産コストそのものに着目する考え方であり,他国に比べてコストが小さい場合にはその商品について絶対優位があるという。第2は,生産要素の存在量に着目する考え方である。たとえば,労働に比べ資本が豊富な国は資本集約的な財に比較優位 comparative advantageがあり,この財を生産し,労働が豊富な国の労働集約的な財と貿易することによって双方に利益が生じることになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

絶対優位の関連キーワードボニファティウス人種別三院制議会比較生産費原理国際金融市場国際通貨問題チベット仏教国際通貨両面作戦制海権改易

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対優位の関連情報