コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対的依存感情 ぜったいてきいぞんかんじょうschlechthinniges Abhängigkeitsgefühl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対的依存感情
ぜったいてきいぞんかんじょう
schlechthinniges Abhängigkeitsgefühl

F.E.D.シュライエルマッハーが『キリスト教信仰』 Der christliche Glaube nach den Grundsätzen der evangelischen Kirche (1821~22) で用いた術語。彼は『宗教論』 Reden über die Religion (1799) では宗教の本質を直観と感情と定義したが,『信仰論』では直観の代りに絶対的依存感情となる。それは,あらゆる対立を超越した絶対者に自己の存在が由来している (依存している) という直接的な経験であり,絶対的自由の否定においてのみ自覚される。それは多様な宗教的形態をとって表現されるが,その最高の表現形態はキリスト教である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

絶対的依存感情の関連キーワードシュライエルマハー宗教哲学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android