否定(読み)ひてい

デジタル大辞泉の解説

ひ‐てい【否定】

[名](スル)
そうではないと打ち消すこと。また、非として認めないこと。「うわさを否定する」「暴力を否定する」⇔肯定
論理学で、ある命題主語述語の関係が成立しないこと。また、その関係を承認しないこと。⇔肯定
ヘーゲル弁証法で、発展の契機の一。→否定の否定
文法で、打ち消し語法のこと。
論理演算の一。入力と出力を逆にする演算のこと。入力が「真」または「1」ならば出力は「偽」または「0」となり、入力が「偽」または「0」ならば、出力は「真」または「1」となる。NOT(ノット)。コンピューターでこのような演算を行う論理回路においては、電流が流れる場合を「真」、流れない場合を「偽」と対応させ、NOT回路などと呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひてい【否定】

( 名 ) スル
そうでないと打ち消すこと。いつわりであるとすること。 「うわさを-する」 「献金の事実を-する」
〘論〙 提示された命題を偽であるとすること。また、弁証法においては、否定はあらゆる発展にみられる媒介とされる。
命題「 p である」に対して命題「 p でない」をもとの命題の否定という。
打ち消し」に同じ。
▽⇔ 肯定 〔西周にしあまね「学原稿本」(1869年)で英語 negation の訳語とした〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

否定
ひてい
negation

肯定の対語。ある事柄やその様態をあらしめまいとする意志。またある判断や命題を偽であるとする理性の行為。この意志と理性の両方の否定について,全面否定と部分否定がある。欠如や限定や矛盾や対立も広義の否定である。論理的には否定は肯定的措定にいたるための階梯とみることができ,それ自体肯定を含んでもいる (「SはPではない」という否定判断は「Sは非Pである」という肯定判断と等価である) 。また逆にある規定はそれ以外の規定の否定であるから,肯定と否定とは対立するだけではなく相関的である。この意味で一切の判断は否定を含んでおり,神を除く一切の存在者は否定を含んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

否定
ひてい
negation英語
ngationフランス語
Verneinungドイツ語

一つの命題が表す事柄が成り立たないとする精神の働きを否定の働きといい、またそれを表す命題を、先の命題の否定という。この説明のなかで、すでに「成り立たない」ということばを使ったように、否定はもっとも根本的な概念である。なお「すべての花は白い」の否定は、「すべての花は白くない」ではなくて、「白くない花がある」である。このように、否定をつくるときには注意しなければならない。[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

否定の関連情報