絶対貧困(読み)ゼッタイヒンコン

大辞林 第三版の解説

ぜったいひんこん【絶対貧困】

経済協力開発機構、世界銀行などの国際機関で用いられる貧困の程度の基準の一つ。諸資源の不足により生存が危ぶまれる状態をいい、具体的には各国の最低生活保障制度で定められる基準値以下の収入の状態をいうことが多い。絶対的貧困。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対貧困の関連情報