コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綴刺蟋蟀 ツヅレサセコオロギ

デジタル大辞泉の解説

つづれさせ‐こおろぎ〔‐こほろぎ〕【×綴刺蟋蟀】

コオロギ科の昆虫。普通にみられるコオロギで、体長約2センチ、黒褐色。頭部は丸みがある。雄は8月中旬から11月ごろまでリッリッリッと鳴く。名は、これを古人が「肩刺せ裾(すそ)刺せ綴れ刺せ」と着物の手入れを促していると聞きなしたというのによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つづれさせこおろぎ【綴刺蟋蟀】

コオロギの一種。ごく普通にみられるコオロギ。体長約20ミリメートル。全身黒褐色。頭部は丸みがあり、光沢がある。雄は秋の夜、リ・リ・リ・リとよく鳴く。本州以南から東南アジアに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

綴刺蟋蟀 (ツズレサセコオロギ)

学名:Velarifictorus aspersus
動物。コオロギ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android