綿抜(読み)わたぬき

精選版 日本国語大辞典の解説

わた‐ぬき【綿抜】

〘名〙
① 衣替えに、綿入れの綿を抜いて袷(あわせ)とすること。また、その袷。解明物(ときあけもの)。引解(ひっとき)。《季・夏》 〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕
※草根集(1473頃)一二「流れ江の葦の穂白きわたぬきを寒き翅にかくる雁がね」
② 衣替えのこと。綿入れから袷に着かえることで、多く、陰暦四月一日に行なわれるところから、その日をさしてもいう。綿抜きの朔日。《季・夏》
※梵燈庵主袖下集(1384か)「是も四月一日の衣かへの事也。天上人ねりぬきの衣をき給ふ也。しらかさねとも又はころもかへともわたぬきとも申なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android